資格をとってエステ業界で活躍できる人材になろう! 資格をとってエステ業界で活躍できる人材になろう!

求人に応募する前に知っておきたいエステ業界のいろは

手に職をつけるなら「エステ」!業界のことを知ろう

スタッフと施術者

美容の中でも人気のあるエステの仕事。独立開業する人も少なくありません。ここでは、実際にエステの仕事について具体的な内容をご紹介します。

エステ業界のQ&A

そもそも、「エステ」ってなに?
エステとは、手技や専用マシンなどを使用して、一人一人の肌や体、心の状態に合ったキレイやリラクゼーションを提供する仕事です。大きく分けてフェイシャルエステとボディエステの2種類に分けられます。また、サロンによって使う化粧品や施術方法が異なります。求人を探すときはサロンの特徴をきちんと調べて、自分に合ったサロンを見つけることが大切です。
市場としてニーズはあるの?
一般の人が利用している美容関係のサロンの中では、エステサロンはまだ占める割合が高くはありません。ヘアーサロンなどに比べて、エステはまだ特別感があり、非日常的なものだと認知されていると言えるでしょう。エステは、将来的に日常的なケアとして、生活の一部に取り入れられていくであろう、ニーズのある分野です。
どういう場所で活躍できるの?
エステの仕事と言えば、エステサロンでの仕事を思い浮かべる人が多いかもしれません。実際には、ブライダルサロンやヘアーサロン、スポーツクラブ、化粧品メーカーなどで働くエステティシャンも多く、職場は多岐にわたります。最近では、病院や福祉施設でも需要があります。今後も、エステティシャンの仕事は活躍の場所が広がっていくと考えられます。
エステの仕事で求められているものってなに?
エステティシャンは単純に人をキレイにするというのではなく、微妙な肌質の変化から体調や心の変化を読み取り、トータルにケアしていくことがポイントになります。エステに来られるお客様の多くは、エステに癒しの時間を求められます。キレイにさせられるだけでなく、心も回復させられるエステティシャンが求められます。

これからも注目度が高まる業界

エステは美容業界の中でも、まだまだ新しいサービスが埋もれていると期待されています。転職や就職で美容業界の求人を探している人には、可能性の大きな分野だと言えるでしょう。

TOPボタン